GILHa's
System
Logistics HACCP for Food Safety and Supply Chain Control
Logistics HACCPプログラムを搭載したアプリケーションソフトにより
「物流企業」を支援する、全てのサプライヤー・メーカーから要求されるソリューションです

GILHa's Food Distribution Technology

物流管理システム

作業工程管理+電子証明+自動記録+モニタリング=作業工程指示App

当研究所は、食品流通の各段階全てにある物流工程に関する作業工程管理・作業指示を支援するアプリケーションソフトを提供します。そして、Food Supply Chainを前進させるため、以下を実現します。

  • トレサビリティ(ICT+DLT)
    人と物(食品・製品)のリアルタイムかつシームレスな動態管理記録の自動化によりトレサビリティシステムを構築
  • サプライチェーン・コントロール(DLT)
    電子証明・電子認証・記録作成にスマートコントラクト技術を活用して、サプライチェーン・コントロールを高度化
  • 規格化
    食品安全管理の国際標準と法令に則ったベストプラクティスの提供

本アプリケーションでは、以下のアクティビティが可能となります。

作業指示支援

食品流通上の各段階において発生する物流作業に関して、その作業実施者のデバイスに対し、法令に則った基準やマニュアルにもとづきドライバー・作業担当者・ロボットに作業を指示します。デバイスには各種モバイル端末とボイスピッキング システムに対応します。作業実行後、作業工程ごとに電子認証を行い自動記録を作成します。

作業指示支援

リアルモニタリング

輸送車両、冷蔵・冷凍庫、荷受け・出荷バースに設置された通信機能付きセンサーから送信される温度・湿度・照度・動作検知等の情報を、リアルタイムでコントロール・センターへと送信します。送信された情報があらかじめ設定された規定の許容範囲を逸脱した場合、作業担当者及びあらかじめ決めた管理者へアラートが自動的に送信されます。 ドライバー・作業担当者・ロボットへの作業指示、作業の完了報告をボイスシステムを通じて実施し、リアルタイムでヒトとロボットの動態管理を行います。作業完了の報告に対し、電子認証と作業記録作成を予めプログラムされた手順に則り自動的に実施します。

リアルモニタリング

美味しいものを美味しいままに、鮮度が生きているうちに、消費者が手にするために

食品安全に関わるトレーニングが困難な環境においても作業実施者は法令に則った基準やマニュアルにもとづいた作業を行うことができ、作業工程ごとの自動記録作成により、食品の衛生管理手段HACCPにおける工程管理の見える化と記録が可能になります。食品の危害分析にもとづき、異常を検知したセンサーからの送信(クラウド)により、品質・鮮度の劣化の予防のため、法令に則った基準やマニュアルにもとづき、決められた手順通りに指示に従い対処することが可能になります。