GILHa's
View
Food Logistics CCP
  • Visibility
  • Speed
  • Quality

レポート

各種資料

アメリカ・カナダ視察

本年4月3日から9日の一週間にわたり、北米における食品衛生物流の現状を調査、研究するためにアメリカ・カナダへ渡り、現地の企業、政府機関を訪問いたしました。現地では、食品衛生・安全に関するコンサルタントであるアーウィン・プロンク氏に協力を仰ぎ、視察先のコーディネートをしていただきました。

【期間】: 2017年4月3日~9日(7日間)
【参加者】: 岸健司(一般社団法人GILHa 理事長)
岩本嘉之氏(月刊HACCP編集長)、アーウィン・プロンク氏(HACCP by Design代表)

※HACCP by Design代表 アーウィン・プロンク氏プロフィール カナダ・ゲルフ大学(食品科学専攻)卒業後、10年にわたりHACCPの生みの親ともいわれるピルスベリー社に勤務。
カナダGFTC(ゲルフ・フード・テクノロジー・センター、現NSF Canada)のシニア・クオリティ・システムズ・スペシャリストとして、 食品の生産から加工、フードサービスに至る各分野の品質・安全性管理に関して世界200社以上の企業の指導に当たる。
日本でのHACCPトレーニング経験なども豊富。現在、HACCP by Designの代表として、北米を中心に様々な企業に対して HACCPや食品安全規格の導入指導、品質管理や食品衛生・安全に関するコンサルタント業務などを行う。

【主な訪問先】

  • {外食流通業者}『ゴードン・フード・サービス』(Gordon Food Service)
    ※月刊HACCP8月号にて掲載
    ※以下は、月間HACCP9月号、10月号にて掲載予定
  • {生鮮食品加工工場}『フレッシュ・スタート・フーズ』(Fresh Start Foods)
  • {高級スーパー、プロセスセンター}『プサテリーズ・コミッサリー/アベニューロード』(Pusateri's Commissary/Avenue Road)
  • {カナダ政府機関}『カナダ食品検査庁』(CFIA:Canadian Food Inspection Agency)

視察1日目:『ゴードン・フード・サービス』( Gordon Food Service )

  • GFS本社にて

  • GFS店舗内

  • GFS発着場

  • AIB監査の証明フラッグ

  • 取得している認証の証明書

  • 荷降ろし作業シーン

  • 入庫作業シーン

  • 内部温度計

  • 商品情報バーコード

アメリカ シカゴ研修

2018年7月17日から20日にかけ、アメリカ シカゴで開催されたFSPCA年次会議、ならびにその前後日程で実施された現地のJETROシカゴ事務所、食品製造施設、大学研究施設を訪問する、視察ツアーに参加しました。

【主な訪問先】  
{ジェトロ シカゴ事務所}  
{食品製造施設} 『Chicago Specialty Bakers., Inc.』
{FSPCA年次会議} 『食品安全予防コントロール同盟(Food Safety Preventive Control Alliance)』
{イリノイ工科大学} 『食品安全衛生研究所(The Institute for Food Safety and Health)』

【視察先写真】

  • 都市は五大湖(ミシガン湖)に隣接

  • 高層ビルが建ち並ぶ都市

  • 年次会議会場のChicago Navy Pier

  • 会議会場内

  • イリノイ工科大学

  • 研究所入口